薄毛でお悩みの方は数多くいらっしゃると思います。シャンプーを変えたり、クリニックで増毛する等…色々と改善策がある中で、自分には何が効果的なのか、このサイトをご参考にしていただければ幸いです。

薄毛増毛なら日本医療毛髪再生研究会認定の治療を

日本男性で薄毛に悩む人のおよそ9割がAGAであり、改善治療薬であるプロペシアとミノキシジルの誕生で改善の声が聞こえるようになりました。しかしそれでも完全に回復する人の割合はほんの少しであり、決してすべての人に満足させる医薬品ではないです。今後も研究が必要な分野であるAGAですが、薄毛に悩む人が増毛する施術として日本医療毛髪再生研究会認定した方法が注目を集めています。

日本医療毛髪再生研究会認定した施術はハーグ療法と呼ばれ、眠っている細胞をまた起こし発毛を促進させる方法になります。薄毛に悩む男性だけではなく女性もできる施術であり、増毛を望む人の希望の施術になります。これは医療従事者しか施術することができませんので、病院で受けることになります。また日本医療毛髪再生研究会認定しているということで、これからも研究され、もっと効果を実証できる方法が望めると期待される方法です。

日本医療毛髪再生研究会認定するハーグ療法ですが、この治療法としてひとつ大きなデメリットがあります。それは高額な医療費になることです。ただでさえAGA治療は保険適用外になりますので、大きな負担になっていましたが、ハーグ療法となるとそれ以上に大きな医療費になるでしょう。よってすべての増毛を望む人が受けることができる治療なのかというと、医療費と相談したうえで受ける治療になります。

また一度で終わらず、8回前後の施術になりますので、それだけ負担額は大きいことがわかります。それでも薬漬けになると言われるプロペシアやミノキシジルとは違い、副作用の心配もなく決められた回数の施術を受ければ、その後のアフターケアも少ないことから、将来的に考えれば納得できる医療費になるとも言われています。